1. ホーム
  2.  > 
  3. Q&A
ご本人の心身状態に関する質問
Q.耳が聞こえにくい方でも大丈夫でしょうか?
A.耳や、補聴器のそばでお話したりして工夫いたしますのでご安心ください。
Q.片マヒの方で実際に改善されたという実績はありますか?
A.車椅子や杖歩行から自立歩行ができるようになったり、スプーンでしか食べられなかった方がお箸を使えるようになったり、拘縮していた手でキャッチボールができるようになったり、入院臥床生活が長く、立てなかったのに歩行器を使って歩けるようになり、自立歩行を目指して頑張っている利用者さんがいたりと、多くの実績があります。
Q.全盲の方も受け入れは可能ですか?
A.基本的に受け入れは可能ですが一度お電話にてご相談ください。
Q.人工股関節の方は運動できますか?
A.医者から説明されている禁止動作を本人がしっかりと理解できていれば運動は可能です。もちろん、事前にスタッフも禁止動作を把握した上でリハビリメニューのご提案をいたします。
Q.どのような方が利用されてますか?
A.60代~80代で要支援1、2 要介護1~4の方にご利用いただいています。また、パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの特定疾病の方にもご利用いただいています。
Q.本人にリハビリの意欲がありませんがそれでも大丈夫ですか?
A.ご本人と同じような状況の人たちが頑張っている姿を見れば意欲が湧いてくるかもしれませんので、是非一度体験にいらしてください。
Q.寝たきり状態なのですが、通えますか?
A.ご本人の様子を詳しくお聞きした上での判断となりますので一度ご相談ください。
利用システムに関する質問
Q.支援の方の通所回数に制限はありますか?
A.厚生労働省の指針に基づき、支援1の方は週1回、支援2の方は週2回をご提案させていただいております。また、運動効果の面を考えても、支援、介護に関わらず1~3回が適切と考えております。高齢者にとって週1回でも身体を動かすという行為は、肉体的にも精神的にも影響が大きいので、次の日まで疲れを残さない程度の回数が1~2回と考えます。
Q.リハビリ型デイサービスとはどのようなものですか?
A.高齢者が介護保険を使ってリハビリができるデイサービスです。利用時間も半日と短時間で食事やお風呂が無く、運動機能訓練を専門にしたサービスをご提供しています。
Q.健康な高齢者も利用できますか?
A.基本的には介護保険の認定者(要支援もしくは要介護)と二次予防事業の対象者と認定された方以外はご利用いただけません。
Q.送迎はしてくれるのですか?
A.和歌山市内の方に限らせていただいておりますが、送迎可能です。
Q.和歌山市外ですが、送迎無しで自分で通うなら大丈夫ですか?
A.送迎無しでよろしければ和歌山市外の方でもご利用いただけます。
Q.リハビリ中具合が悪くなった時は大丈夫ですか?
A.その日の体調等をバイタル・健康チェック等により把握して安全なリハビリを行っておりますが、万が一体調が急変、具合が悪くなった時はすぐに緊急連絡先に連絡し、指示を仰ぎ必要な対処を行います。
運動プログラムに関する質問
Q.運動メニューは毎回同じものを行うのですか?
A.メニューはその方の状況に応じて最初に決めますが、その日のコンディションや気分によって調整いたします。